Thermaltake LEVEL 20VT購入

 

 

はじめに

CORSAIRのCrystal 280Xというキューブ型のMicroATXケースを買ってから1年ほど経ちますが、このケースはストレージの冷却が弱点で、対策もしづらいので、お金かけて大して効果もないファンを増設したりするより新しいPCケースを買うことにしました。

どのケースにするかは悩みましたが、MicroATXのキューブ型自体は気に入っていたので、その条件でケース探しをしていたところ、ThermaltakeのLEVEL 20 VTユーザーが上げていた写真に惹かれて購入することに。

f:id:kurokamina:20190807000354j:plain

右がLEVEL 20 VTですが、Crystal 280X比で奥行32mm、横幅54mm大きいのでサイズ感の印象は結構違います。

CORE V21というケースをベースに、流行の強化ガラスPCケースに仕上げたという事で内部構造やパーツはかなり似通っていますね。

 

組み立てについて

基本的には説明書も分かりやすいとは思いますが、PSUブラケットという電源ユニットを支える枠の組み立ては少し分かりづらいところ。取り付けるゴムブッシュはサイズが大きすぎてかなり取り付けづらい。ただこのケースはボトムパネルもサイドパネルと同じように取り外せるので、作業しづらいということはないですね。
CORE V21と同じくパネルはサイド・トップ・ボトムで互換性があるようで、位置を変えて90度倒して設置もできそうですが、フロントパネルは回転できないのでデザイン的には微妙。

 

このケースの特徴の一つがマザーボードの平置きですが、通常のケースでも横倒しにして作業するのでマザーボードの搭載は同じような感じかな?と思ったものの、実際作業するとサイドパネルを取り外すことでマザボの上下方向が開くので、CPU補助電源やピンヘッダ類の取り付けが圧倒的に楽にできますね。

f:id:kurokamina:20190807024312j:plain

フロントファンは標準では光らない200mmファンが搭載されていますが、今回はCORSAIR LL140 RGB 2基に載せ替えました。
ただ、このケースはスペック上140mmファン2基を搭載できることにはなっていますが、フロントUSB3.0ケーブルをかなりきつく押し曲げないと搭載できなかったので、この辺りは無難に200mmファンを搭載したほうが良いかも。

f:id:kurokamina:20190807024334j:plain

追記

USB3.0フラットケーブルに交換しました。多少はマシに見えますが、フロントパネル周りに少し加工が必要だったのであまりおすすめはしません。

f:id:kurokamina:20190905215146j:plain

s.click.aliexpress.com


デザイン

4面強化ガラスのPCケース自体は他にもありますが、このケースはマザーボード平置きなので他の4面ガラスのケースのように裏配線だけが見えるような面はなく、マザーボードをより多方面から眺める事が可能です。

f:id:kurokamina:20190807013000j:plain

今回はトップやサイドにファンを搭載せず、取り付けブラケットを外しておいたのでよりすっきり見えますね。
ブラケットはCORE V21と同じっぽいので、ファンを多搭載したい人は部品取りにCORE V21を買うという選択肢もありそう。2.5インチベイのトレイも同様で、もう1基分は追加できるスペースがあります。

 

フロントパネルはLEDファンを搭載してもフィルターに遮られ減光してしまうので、少し綺麗さが損なわれるかも。

f:id:kurokamina:20190807024511j:plain
なので標準搭載のフィルターを外して、排気側に汎用品のフィルターを付けようかなと思案中

↓汎用フィルターにしました

f:id:kurokamina:20190827212322j:plain

 

kurokamina.hatenablog.com

 

LEDストリップについては引き続きCORSAIRの物を使いましたが、長さが丁度良いので4面にしっかり取り付けられました。

f:id:kurokamina:20190807013301j:plain

LEDコントローラーは3.5インチベイのトレイに貼り付けています。3.5インチベイは3基あるので、HDD 2基の自分にはコントローラーのスペースに1つ使えて丁度良い感じ。 

 

 

まとめ

トップに240mmラジエーター2基搭載可能、空冷CPUクーラーは高さ185mmまでという広大なスペースに、上下左右のパネルを取り外せる作業性の良さは特筆できるものだと感じます。逆にスペースが無駄ではないかと思うかもしれませんが、リアに140mmファンを搭載しつつLEDパーツを多搭載してもケーブルマネジメントが破綻しない丁度良いバランスを突いていると思います。
マザーボードの水平搭載も大型グラフィックボードの重量対策になりますし、ベースモデルが2014年発売とは思えない、最新環境でも通用する、もとい最新環境でこそ使いたいPCケースだと感じました。

 

ギャラリー


LEVEL 20 VT

f:id:kurokamina:20190808022319j:plainf:id:kurokamina:20190807040050j:plainf:id:kurokamina:20190807040055j:plain