RGB LED搭載メモリをまとめたもの

2019年2月25日更新

こちらは各メーカー・ブランド毎に分け、RGB LEDを搭載するメモリをリストアップしていくページです。基本的には日本国内で流通しているモデルを記載します。
情報提供もお待ちしております。

掲載されている情報により生じた不利益等については一切責任を負いかねます。

 

目次

 

ADATA(XPG)

SPECTRIX D80 (ブラック・レッド)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 3000~4133(8GB),3000~3200(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

http://www.adata.com/jp/specification/553


SPECTRIX D41 (クリムゾンレッド・チタングレー)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2666~4133(8GB),2666~3200(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

http://www.adata.com/jp/specification/552

 

SPECTRIX D40

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2400~4400(8GB),2666~3200(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE △XPG RGB Sync Appにて対応
MSI △XPG RGB Sync Appにて対応
ASRock △XPG RGB Sync Appにて対応
アドレッサブル ○対応

http://www.adata.com/jp/specification/482

 

 

ANTEC

・5 Series (ブラック・ホワイト)

容量(1枚あたり) 4GB,8GB,16GB
速度 2400(4GB),2400~3000(8GB),2666~3000(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ×非対応
MSI ×非対応
ASRock ×非対応
アドレッサブル ○対応

※日本国内では一部モデルのみ流通

http://www.antecmemory.com/product/5Series.html

 

 

COSAIR

・DOMINATOR RGB 

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 3000~4800
ASUS △CORSAIR iCUEにて対応<
GIGABYTE △CORSAIR iCUEにて対応<
MSI △CORSAIR iCUEにて対応<
ASRock △CORSAIR iCUEにて対応<
アドレッサブル ○対応

https://www.corsair.com/ja/ja/dominator-rgb

 

VENGEANCE RGB PRO (ブラック・ホワイト)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2666~4700(8GB),2666~3466(16GB)
ASUS △CORSAIR iCUEにて対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock △CORSAIR iCUEにて対応
アドレッサブル ○対応

https://www.corsair.com/ww/ja/vengeance-rgb-pro-memory

 

VENGEANCE RGB (ブラック・ホワイト)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2666~4266(8GB),2666~3800(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock △CORSAIR iCUEにて対応
アドレッサブル ×非対応

https://www.corsair.com/ww/ja/vengeancergb

 

 

Crucial

・Ballistix Tactical Tracer RGB

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2600~3000
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock △Ballistix Memory M.O.D Utilityにて対応
アドレッサブル ○対応

https://ballistixgaming.jp/products/dram/tactical/tactical-tracer-ddr4-rgb.html

 

 

ESSENCORE(KLEVV)

・KLEVV KRAS X RGB

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 3200~3466
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

http://www.klevv.com/kjp/products_details/memory/Klevv_CrasXRGB.php

 

KLEVV KRAS II X RGB

容量(1枚あたり) 8GB
速度 3200
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ×非対応
アドレッサブル ○対応

http://www.klevv.com/kjp/products_details/memory/Klevv_CrasIIRGB.php

 

 

GeIL

・DDR4 SUPER LUCE RGB SYNC (ステルスブラック・フロストホワイト)

容量(1枚あたり) 4GB,8GB,16GB
速度 2133~3200(4GB,8GB),2133~3000(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ×非対応
アドレッサブル ○対応

※日本国内では一部モデルのみ流通

http://www.geil.com.tw/products/show/id/593

 

・DDR4 EVO X (ステルスブラック・フロストホワイト)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2133~4133
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ×非対応

※日本国内では一部モデルのみ流通

http://www.geil.com.tw/products/show/id/583

 

 

GIGABYTE

・AORUS RGB Memory

容量(1枚あたり) 8GB
速度 3200
ASUS ×非対応
GIGABYTE ○対応
MSI ×非対応
ASRock ×非対応
アドレッサブル ○対応

https://www.gigabyte.com/jp/Memory/AORUS-RGB-Memory-3200MHz#kf

 

 

G.Skill

Trident Z RGB

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 2400~4600(8GB),2400~3866(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.gskill.com/en/finder?cat=31&series=2860

 

 

Kingston(HyperX)

HyperX Predator DDR4 RGB

容量(1枚あたり) 8GB
速度 2933~4000
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.hyperxgaming.com/jp/memory/predator-ddr4

 

 

Patriot(Viper Gaming)

Viper RGB (ブラック・ホワイト)

容量(1枚あたり) 8GB
速度 2666~4133
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.viper.patriotmemory.com/viperrgbdram

 

 

Team(T-FORCE Gaming)

・XCALIBUR RGB DDR4

容量(1枚あたり) 8GB
速度 3600~4000
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.teamgroupinc.com/jp/product/xcalibur-rgb-ddr4

 

・NIGHT HAWK RGB (ブラック・ホワイト)

容量(1枚あたり) 8GB,16GB
速度 3000~4000(8GB),3000~3200(16GB)
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.teamgroupinc.com/jp/product/night-hawk-rgb-night-hawk-ddr4

 

・XCALIBUR RGB DDR4

容量(1枚あたり) 8GB
速度 3600~4000
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.teamgroupinc.com/jp/product/xcalibur-rgb-ddr4

 

・DELTA RGB DDR4

容量(1枚あたり) 4GB,8GB,16GB
速度 2400~3200
ASUS ○対応
GIGABYTE ○対応
MSI ○対応
ASRock ○対応
アドレッサブル ○対応

https://www.teamgroupinc.com/jp/product/delta-rgb-ddr4

 

 

更新履歴

2018/10/18

ESSENCORE(KLEVV) - KLEVV KRAS II X RGBを追加

2018/11/30

ESSENCORE(KLEVV) - KLEVV KRAS X RGBを追加

2019/02/25

CORSAIR - DOMINATOR RGBを追加

Team(T-FORCE Gaming) - XCALIBUR RGB DDR4を追加
Team(T-FORCE Gaming) - DELTA RGB DDR4を追加

CORSAIRのLEDストリップを入れてみた

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

 

 PCケースを変えて不足した光量を補うための買い物。

 

目次

 

はじめに

PCケースをCORSAIR Crystal 280Xへ変えたため、以前使っていたケース標準搭載のコントローラーで制御するLEDストリップは使えなくなり、ケース内の明るさが著しく低下しました。

f:id:kurokamina:20180828003125j:plain

一番の問題は折角の白いグラボが全く照らされていない事なので、下から照らせるようにLEDストリップを搭載することに。

じゃあどのストリップを使うかというと、正直普通の5050なLEDストリップが余っていたので流用しようかなぁとか最初は思いましたが、折角ファンとメモリがアドレッサブルLEDですし、ファンの制御用にLighting Node PROを載せていたので、CORSAIRのLEDストリップにしてみました。

 

パッケージ

f:id:kurokamina:20180911223829j:plain

いつものCORSAIRらしいデザインの小型なパッケージ。

 

内容物は

・RGB LEDストリップ(約410mm) x4
・RGB LED ストリップ延長用ケーブル(約345mm) x4

の2種類。

 

 

搭載

LEDストリップは4本あるので、ケース外周を囲うように4本とも設置します。
280Xだと延長用ケーブルは2本あれば大丈夫です。

このLEDストリップで好みが分かれるのがストリップの末端がケーブルになっているところ。

f:id:kurokamina:20180911224702j:plain

コネクタがやけに大きく角のケーブル処理が面倒ではありますが、その代わりに角までストリップを寄せやすくはなっています。
特に280Xでこの長さのLEDストリップを入れる場合、ストリップの末端に直接コネクタがあるとL型のコネクタでも追加しないと厳しいですし。

 

ケーブルをLighting Node PROへ接続したらハードのセットアップは完了です。

LEDコントローラーのLighting Node PROは私の場合LL RGBファン用に既に用意してありましたが、まだ持っていない場合はLEDストリップとLighting Node PROのセットもあります。 

CL-9011109-WW [Lighting Node PRO]

CL-9011109-WW [Lighting Node PRO]

 

 

PC起動後はCORSAIR iCUEを起動し、Lighting Node PROの照明設定をクリックし、ストリップを追加したチャネルにストリップと接続した本数を設定します。

f:id:kurokamina:20180911232336p:plain

LEDストリップは6本まで設定できるようです。CORSAIR LINKでは4本だった気がするんですが。

iCUEも登場して半年近く経ちますがまだ日本語が怪しいですね。
まあCORSAIR LINKも怪しかったし、CORSAIR製品は日本語マニュアルが無かったりするのでこんなものか。

 

 

光らせてみる

f:id:kurokamina:20180911230603j:plain

LEDストリップの追加で光が全体に行き渡り、グラボだけでなく簡易水冷のラジエーターまで綺麗に照らせるように。

CORSAIRらしくホワイトが綺麗なので、CORSAIR製品との相性は完璧です。ラジ用のファンだけ少し発色が違って変えたくなってくるけど。

 

アドレッサブルLEDなので勿論レインボーウェーブといったエフェクトも可能。


CORSAIR 280X Addressable RGB LED

やっぱりCPUクーラーもアドレッサブルLEDにしたいので、早くCORSAIRさんアドレッサブルLEDな水冷ヘッドの簡易水冷出してください(懇願

 

カラー制御は1個単位で可能です。
1個毎にCPU温度やHDD温度等に連動したカラー変化をさせたり、エフェクトを分けたりもできます。

 

 

まとめ

ストリップの有無で2枚の画像を見比べると、やはりPCのライティングにおけるストリップの重要さが分かっていただけると思います。
特にCORSAIRは制御ソフトの設定範囲の広さが凄いですし、メモリキーボードマウスまで同社の製品で揃えられて統合制御できます。
このストリップ単体として見た場合にも発色が物凄く綺麗なので、LEDストリップの購入を考えている方は是非参考にしていただければと思います。

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

 
 ギャラリー

f:id:kurokamina:20180912001831j:plain

f:id:kurokamina:20180914233134j:plain

みっくみくにしてやんよ!

リニモ×駅メモコラボキャンペーンへ行ってきた

リニモで7月20日より行われている「Linimo×駅メモリニモで行こう!駅メモ!コラボキャンペーン」へ、8月も末になってからですが行ってきました。

 

目次

 

概要

キャンペーンの内容は駅メモリニモの駅へアクセスするとアイテムが貰える、だけでなくリニモの駅で配布されている参加キットを入手して、リニモの駅付近に設置されている謎が書かれたパネルを見つけ、全ての謎を解いたら限定の缶バッジが貰えるというイベントも開催中です。

ekimemo.com

 

なぜ今になって参加をしたかというと、

このツイートを見て思い出したまだまだプレゼントもありそうだし行ってみようかなと。

 

行動ルート

基本的なルートを紹介する前に、各駅のなぞの配置をまとめました。

 

藤が丘 - 有人駅
はなみずき通 - 最後のなぞ
杁ヶ池公園 - Dのなぞ
長久手古戦場 - Cのなぞ
|
愛・地球博記念公園 - Bのなぞ・有人駅
|
八草 - Aのなぞ・有人駅

 

A~Dのなぞを解いた後に、はなみずき通駅で最後のなぞを解いて、答えを記入した参加キットを有人駅へ持っていけば缶バッジと交換できます。

最後のなぞ以外は順番通りでなくていいので、例えば藤が丘をスタート地点とする場合、

藤が丘→杁ヶ池公園長久手古戦場愛・地球博記念公園→八草→はなみずき通→藤が丘

といったルートが最短ルートとして考えられます。
最初に八草へ行く手もありますが、こっちのほうが問題パネルを写真に撮っておいて、八草→はなみずき通間の移動中に解くこともできるのでオススメです。

途中駅で改札外へ出る必要があるので、1日乗車券(800円)を利用すると運賃を抑えられます。

f:id:kurokamina:20180831233556j:plain

なお、筆記用具は置いていないので持参する必要アリです。

 

 

杁ヶ池公園駅

Dのなぞ設置駅ですが、設置場所は駅構内ではなく、隣接するアピタ長久手店 2F南出入り口付近です。
といっても入ってすぐある訳でなく、左に少し進んだ先にあります。

f:id:kurokamina:20180831230642j:plain

Dのなぞの難易度はちょっと高め。暑さもあって頭も回らず自分はすぐに解けず、とりあえず写真に撮って後で考えることに。
食料品コーナーでも行って涼めば解きやすいかも?

 

長久手古戦場駅

Cのなぞ設置駅で、こちらも設置場所が駅構内ではなく、隣接するイオンモール長久手 前棟2F出入り口付近です。リニモとの連絡通路を通り、施設内に入ってすぐ左手に設置されています。

Cのなぞの難易度はかなり簡単です。いきなりの難易度変化に戸惑うレベル。

 

愛・地球博記念公園駅

Bのなぞ設置駅で、最後に景品を交換できる有人駅のひとつですが、他の有人駅と違い窓口の営業時間が8:00-18:30であることに注意が必要。

設置場所は改札内階段横の壁に掲示されています。これまでの2駅とは設置方法が違うので最初は見つけづらいかも。

Bのなぞの難易度は高めです。この駅の問題はヒントもあるのですが、そもそもこのヒントの意味すら分かりづらいですね。視点を変えて問題に挑む必要がありそう。

 

八草駅

Aのなぞ設置駅で、有人駅です。

設置場所は改札外、窓口と券売機の間の壁に掲示されています。

Aのなぞの難易度はかなり簡単です。

 

ここから最後のなぞ設置駅のはなみずき通へ向かう訳ですが、問題が解けていない場合はイオンやアピタで涼みながら考えるのもいいですね。イオンにはスターバックスサンマルクコメダ珈琲が、アピタにはスターバックスマクドナルドなどがあります。

 

はなみずき通駅

最後のなぞ設置駅です。

設置場所は改札内コンコース。

f:id:kurokamina:20180831233423j:plain

このかなり仰々しいブラックボックスの中に最後のなぞが設置されています。この駅がリニモでは珍しい相対式ホームで、改札内に広いスペースがあるために最後のなぞ設置駅に選ばれたのでしょう。

最後のなぞの難易度は簡単です。これまでのA~Dのなぞを解いていれば、その答えに沿って、最後の答えが導き出されるでしょう。

 

景品交換

このイベントの景品となる限定缶バッジは、藤が丘、愛・地球博記念公園、八草の各有人駅の窓口で交換できます。

f:id:kurokamina:20180831234533j:plain

 

まとめ

イベントとしては移動ルートも単純で参加しやすく、問題の難易度もちょうど良い感じで楽しめました。

リニモは最近こういったコラボも無くて八草みずき推しが続いていましたが、こうやってコラボイベントが開催されるのは以前からリニモを追いかけていた者としては嬉しいですね。

欲を言えば景品をもっと豪華にとか、コラボグッズを発売するとかしてほしい気もしますが、今後もリニモ鉄道むすめ駅メモ、更に他の作品ともコラボしていくことに期待ですね。

f:id:kurokamina:20180831235622j:plain

しろい モジ のみ よめ

CORSAIR VENGEANCE RGB PRO

CORSAIRのVENGEANCE RGB PROというメモリを買った

 

目次

 

買うまで

CORSAIRがCOMPUTEX TAIPEI 2018で発表していた新型RGB LED搭載メモリ“VENGEANCE RGB PRO”
PROとか言っちゃってるしどうせお高いんでしょ?とか勝手に思って、旧型のVENGEANCE RGBユーザーであるにも関わらず発売されたことも知らずにいたのですが、最近同じく今年のCOMPUTEXで発表されたPCケース“Crystal 280X”を購入したので改めて調べてみるとコレが案外お安い。

まあCORSAIRは割とPROを気軽に使うよなとか今更思ったりもしましたが、ケースを交換して以前使っていたNZXTのLEDストリップが使えなくなり、LEDの派手さが不足しているのもあって購入してみました。

 

 

メモリの仕様

f:id:kurokamina:20180827013726j:plain

購入したのはホワイトの3,000MHz 2x8GBモデル。

2,666MHzモデルでも良かったんですが、数百円の差でしたし3,000MHzくらいはあったほうが良いかなと。レイテンシも2,666MHzが16-18-18-35なのに対し3,000MHzは15-17-17-35ですし。
とか言ってたら買った直後に3,200MHzモデルがその数百円差まで値下がりしてちょっとつらい訳ですが。
それでもVENEANCE RGBを買った時は3,600MHzでしたが5千円以上高く、低クロックモデルもPROほど安くなかったのでお買い得さは感じます。

搭載されているLEDは計10個。その全てを1個単位でカラー制御できます。

制御するソフトはCorisair iCUEが基本ですが、MSI Mystic Light Sync、GIGABYTE RGB FUSIONにも対応しています。VENGEANCE RGBだと使用できたCorsair LinkはPROでは非対応です。

 

搭載

f:id:kurokamina:20180827020926j:plain

カラーは標準のエフェクトではなく1個単位でカラー指定している状態です。
近い色だからというのもありますが、ディフューザーのおかげで個々の色がハッキリし過ぎず中々美しいのではないかなと。

別途配線が必要でもないのでインストールは普通のメモリと変わりません。

 

ただ、色がハッキリ出ないのが問題になる面もあって、

f:id:kurokamina:20180827234603j:plain

この画像、左側のメモリは上からRed,Green,Blue,Red……と1個単位で指定しているのですが、色が混ざり合い過ぎてイエローやマゼンタまでしっかり出てしまいます。
レインボーウェーブとかだと色が混ざって美しいですが、2色を交互に光らせたい時などには問題ですね。

 

VENGEANCE RGBとの光り方の違いはこんな感じ。

やっぱりアドレッサブルは良いですね。

動画で見ると色の繋がりが悪く感じるかもしれませんが、実際はもっと自然に流れます。

 

CORSAIRのLEDの傾向として濃い色が似合うような気はします。

f:id:kurokamina:20180827021448j:plain

同社のLL140 RGBとも相性は良さげ。
写っているだけで計52個ものLEDを搭載し、更にそれを個別制御できるというのだから凄いですよね。

Corsair LL140 RGB Single Pack PCケースファン [140mm径 RGB搭載] FN1142 CO-9050073-WW

Corsair LL140 RGB Single Pack PCケースファン [140mm径 RGB搭載] FN1142 CO-9050073-WW

 

 

けどやっぱりメモリだけでは以前ほどの派手さにはならないので、さっさとCorsairのLEDストリップを買うべきかなぁ。

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

CL-8930002 [RGB LED Lighting PRO Expansion Kit]

 

 

 

まとめ

RGB LED搭載メモリとしては安価な部類に入るこの製品ですが、発光部はかなり広く、10個のLEDを個別に制御できるというのはかなりオススメできるポイントです。
安価とは言ってはいるものの、LEDを搭載しない最安値帯のメモリに比べれは数千円高いのは事実ですが、ハイレベルな多色RGB LEDを体験できるという意味で数千円は高額ではありませんし、幅広い方に手に取っていただきたいメモリであると感じました。

フォトギャラリー

f:id:kurokamina:20180911230603j:plainf:id:kurokamina:20180827031642j:plain

f:id:kurokamina:20180827031656j:plain

CORSAIR Crystal 280X PCケースを買った

Corsair Crystal 280X -White- キューブ型PCケース CS7302 CC-9011136-WW

Corsair Crystal 280X -White- キューブ型PCケース CS7302 CC-9011136-WW

 

去年の11月にNZXT H700iを買ってからまだ約9ヶ月ですが、新しいPCケースへと買い替えました。

 

目次

 

購入するまで

H700iは以前ブログにも書いたようにまさに新時代のPCケースという感じで、最近はライティングシステムもHUE 2の発表により大幅な拡充がなされ、勢いに乗りまくっている製品ではあります。

ただ、実際に使い始めてからこのケースに似合うパーツを考えた時に、やはり同社のKraken X72Aer RGBでないとこのPCケースの魅力は引き出せないと感じ、NZXTよりもCORSAIRのRGB LEDパーツのほうが発光が好みだった自分には合わないと思って買い換えることに。
あと、ホワイト系パーツを多用している自分の環境には、ホワイトモデルでも内部がブラックのH700iは合わなかったというのもあります。

 

そこでホワイトのPCケースを探していたところ、CORSAIRから最近ホワイトで3面強化ガラスというMicroATXケースが発売されていたと知り、面白そうな構造だったので購入してみました。

f:id:kurokamina:20180824001424j:plain

写真でも分かる通り内部が真っ白で、フロントファンのLEDががなり目立ちます。スモークガラスでフィルターも付いていて、LEDファンが目立ちづらいかも?と思いましたが、LL140 RGBはそれを物ともしない輝きですね。(PCIブラケットは標準がブラックなのでFractal Designの物に変えてあります)

 

 

内部構造

このケースの特徴がデュアルチャンバー構造であること。
電源ユニットやストレージベイが一般的なケース下部ではなく、マザーボード裏にあります。これによって裏配線スペースがかなり広くなる……構造ではありますが、つまり電源ユニット分の高さが無くなっているためその分手狭ですし、MicroATXなので尚更です。
更にこの構成だとスリーブケーブルが嵩張りますし、LL RGBの制御用にLighting Node PROも入れているので更に配線がひどい有様です。ただ、それでもまだ余裕はあるかなという感じはあります。

ちなみにLighting Node PROの設置位置はこんな感じに。

f:id:kurokamina:20180824002553j:plain

このPCケースには280X RGBというバリエーションがあり、そちらに標準搭載されているLL120 RGBの制御用に同じくLighting Node ProとRGB Fan LED Hubが設置されていますが、そちらはフロント下部とボトム前方にそれぞれ設置されているようですね。

裏配線用ホールは必要十分用意されています。
MicroATXだと以下の画像で緑色の部分が基本的に使用可能です。

f:id:kurokamina:20180824221239p:plain

中央のゴムグロメットはMini-ITX用ではありますが、最上端にファンのケーブルを通す程度の隙間はあります。
少し不可解だったのがボトム後方のホールで、ここが電源ユニットを積むとほぼ塞がれ、ケースのHD AUDIOケーブル程度の太さでも電源ユニットと干渉しました。ただ、一つ前方のホールを使えばいいので大きな問題ではないでしょうね。

 

 

冷却性能

f:id:kurokamina:20180824022800j:plain

私の構成ではフロント吸気に140mmファン x2(LL140 RGB)、トップ排気に240mmラジエーターと120mmファン x2(AURAFLOW 240)となっていますが、リアにファンが搭載できず、どちらも強化ガラスの横を空気が流れるので多少のヌケの悪さは感じます。
ただリアのハニカムメッシュからも熱は逃げますし、トップを280mmラジエーターにしたり、ボトムにも120/140mmファン x2を搭載できるので、冷却性能に不安は感じません。

 

ただ、このケースの弱点と言えるのがHDDの冷却。
2つある3.5インチベイにCoolSpinのHMS5C4040ALE640、5,400rpmのST4000DM004と、載せているのはどちらも低回転のHDDにも関わらず夏場は50℃付近まで行きます。
標準的な手段で冷却性を強化するなら、何故か代理店の製品ページとかには書いていないんですが、この裏配線側のサイドパネルに120/140mmファンが設置できるので、それで一応空気の流れは確保できそうではあります。
ただHDDへ直接風が当たらないので効果はなんとも言えませんし、電源ユニットが大型だと取り付けも厳しいかと。
あとはこの3.5インチベイはリアからアクセスするのですが、リアのカバーがメッシュになっているので、小型ファンを設置するのも不可能ではないかな。

f:id:kurokamina:20180825230825j:plain

 

 

まとめ

3面強化ガラスでデュアルチャンバーという独創性に美しいデザイン、デスクの上にも置きやすい小型さはかなり魅力的に思います。
MicroATXマザーボードの選択肢の少なさには悩むかもしれませんが、拡張性は3.5インチベイx2、2.5インチベイx3と基本的な構成には十分対応できますし、小型の魅せるPCを組みたいけど、実用性も捨てがたいという時にはかなりハマるケースではないかなと思います。


今後はLEDストリップを追加したりCPUクーラーをH115i PRO RGBにしたいなぁとか思ってますけど、結構高い上にファンをLL140 RGBに換装したいから出費が・・・という感じ(LL140 RGBは1基余ってるけど)。
ただメモリは勢いに任せて新型のVENGEANCE RGB PROを注文してしまいました。届いたらまたブログ書くかも。 

↓↓↓書きました

kurokamina.hatenablog.com

kurokamina.hatenablog.com

kurokamina.hatenablog.com

フォトギャラリー

f:id:kurokamina:20180912001831j:plain

f:id:kurokamina:20180911230603j:plain

f:id:kurokamina:20180825231230j:plain

f:id:kurokamina:20180914233134j:plain

f:id:kurokamina:20181031045514j:plain

ついでに24pinケーブルのコームを増やしました

f:id:kurokamina:20180824022853j:plain

Type-C充電器にOTGアダプタを挿すと普通のUSB充電器になる?

目次

f:id:kurokamina:20180522005735j:plain 

はじめに

最近カーチャージャーをQuick Charge 3.0対応Standard-Aポート x1,USB Power Delivery対応Type-Cポート x1の製品に買い替えて、Standard-AポートにQiチャージャーを接続し、余ったType-CポートでiPadとかモバブを充電するという使い方をしていたのですが、同乗者が充電したい時に余っているのがType-Cポートなのはちょっと面倒ですよね。

iPadやモバブ用に変換ケーブルは用意していますが、前者は純正ケーブルがちょっと安くはなったけど約2,400円と、たまに車で使う程度だとコスパが悪いので、サードパーティ製ケーブルを使用しています。

問題はこのケーブルで、記事を書いている時点でAppleはUSB-C(USB Type-C) to LightningケーブルのMFi認証を開始していないため、現在販売されているサードパーティ製ケーブルは今後のiOSアップデートで使えなくなる可能性がありますし、そもそも安全性の面で不安もあります。
自分で使うならそれも納得して使えますが、友人が使うとなるとこんな事で面倒は起こしたくないので、Type-C Plug to Standard-A Receptacleのアダプタを挿して通常のUSB to Lightningケーブルを使えたら良いんじゃないかと思いつきました。そうすれば、もし同乗者がケーブルは自分の物を使いたいとなっても対応しやすいし。

まあそんな事をしても安全性はどっちもどっちな気はするので、早くAppleが認証を始めてくれるか純正品を買えば良いんですけど…

実は使用している3連シガーソケットにUSBポートがあり、裏側で使いづらいものの短い延長ケーブルでも挿して表に出せばUSB規格上の話は置き使いやすくはできるのですが、Type-Cを使えるならそのほうが面白いのでとりあえず試してみることに。

 

 

テスト環境

・Type-C OTGアダプタ

AliExpress.com Product - Baseus TYPE C Male to USB Female Cable Adapter Converter For USB C to USB ( Male to Female ) Charger Plug OTG Adapter Converter

BaseusのアダプタをAliExpressで購入しました。

カーチャージャーもBaseusなのでデザインの統一性を考えた選択ですが、Baseus自体USB規格的に限りなくブラックに近いグレーというかもうブラックな製品も多いので、下手に他社の製品を使わないほうが上手く動くんじゃないかという考えもなくはないですね。
BaseusにはUSB3.1の製品もありますが、少し大きいので今回はUSB2.0にしました。

規格に関するブログ記事でそんな怪しいメーカーの製品使うなとか、何でUSB2.0のアダプタ使ってんねんと思う方もいらっしゃると思うので、その怒りに任せて僕の欲しいものリストにあるUSB IF認証済のアダプタを送りつけていただければテストします。

https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/3K62QGZWJGGCS

 

・Type-C充電器

チャージャーは今回AnkerのPowerPort I PDを使用します。

車内よりはテストしやすいですし、Baseusで揃えるよりは動作に関して参考になるかなということで。

目立った表記はされていませんが、USB IF認証を受けています(TID 1000132)ので、Type-Cポートの動作に問題はないでしょう。

 

・USBテスター

 

・ケーブル

 

スマートフォン

Samsung Galaxy S7 edge SC-02H

 

 

検証

充電器とアダプタの間にチェッカーを挟み、接続するスマホのバッテリー残量は50%近辺という状態で計測します。

 

・計測結果

5.07V 1.48A

f:id:kurokamina:20180522010028j:plain

計測した数値はUSB BC1.2準拠の5V 1.5A通りであると言える結果となりました。

 

ちなみに、アダプタではなくType-C to Micro-Bケーブルを使用した場合、何故か5.07V 1.67Vという結果で、他の機器の場合もアダプタのほうが電流が小さくなっていたので、できるならば変換ケーブルを使ったほうが少し充電は速いかもしれません。

ただ、iOSバイスについては5V 1A付近で変わらずでした。

 

 

まとめ

結果としては普通の最大1.5AなUSB充電器になるということでした。
現状このような組み合わせはメーカーも想定していない場合があり、もう少し様子を見てから使いたいと行った私自身も思いますが、今後はType-CだけのPCや充電器等も増えてくると思うので、そういった時に参考になればと思います。

Anker PowerPort I PDレビュー

今回はUSB PDに対応するUSB Type-Cポートも搭載するAnkerの5ポート充電器のレビューです。

f:id:kurokamina:20180428222519j:plain

 

 

スペック

PowerPort I PDは5ポートUSB充電器で、最大の特徴としてはUSB Power Delivery対応Type-Cポートがあるところでしょう。
ポート数は

  • 1x Type-Cポート(最大30W)
  • 4x Standard-Aポート(1ポート最大2.4A,4ポート合計30W)

となっています。

 

充電速度

Standard-Aポートからの充電速度を、USBテスターを使用して計測します。

充電する機器は以下の3つ

  1. Samsung Galaxy S7 edge SC-02H
  2. SONY CP-R10S
  3. Apple iPad Air

ケーブルについてはAnkerのPowerLine Micro USBケーブル(1.8m)およびApple純正Lightningケーブルです。

計測結果

結果としては電圧は全体的に低め、電流はiPadが高出力となりました。
追加のテストとして、Samsung Galaxy S7 edgeにType-C to Micro-Bケーブルを使用して、この充電器のType-Cポートから充電した際の出力についても計測しました。

  • 5.07V 1.67A

Standard-Aポートの約7.02Wに対して、Type-Cポートは約8.47Wとなり、1.2倍程度になっているので、機器によっては変換ケーブルで充電したほうが速いかもしれません。そもそもS7 edgeはQuick Charge対応なので、充電速度を求めるならこの充電器を使う理由はあまりありませんが。

 

総評

最近はType-Cポートを持つデバイスが多くなってきたものの、モバイルバッテリーなど多くの機器は今でもStandard-Aポートから充電することが多く、そのような場合にType-CポートはUSB PDで急速充電、Standard-Aポートは2.4Aまでの急速充電ができるのはかなり便利です。

スマホタブレット、モバイルバッテリー更にはPCまで、多くのデバイスを利用している方にはこれ1台で済ませることができるのでおすすめですよ。